火星を追いかける月
2003年の9月です。火星大接近の頃です。

昼過ぎから撮影しています。夕方になり、その後
小さくてわかり難いですが、火星がでて、その後
追うように月が出てきます。動画なので、火星が
解ると思います。

微速度撮影です。微速度撮影とは通常の動画は一秒に30フレーム(コマと表現したほうがわかりやすいでしょうか?)一秒に30枚撮影しそれを連続的に見ています。それをたとえば、1秒に一コマ、あるいは1分に一コマ撮影し、毎秒30フレームで見ると時間が短縮される、すごい早送りで見ているようになることです。
(ネット上ではファイルサイズを小さくするために一秒に15フレーム、8フレームにしています)
昔は大変でしたが、今はデジタルカメラのおまけ的機能で(インターバル撮影)簡単に出来ます。撮影後に付属のソフトで動画に仕上げます。

ちなみにこれはオリンパスのE-10というカメラで撮影しました。突然雨が降ることもあるので、ビニールで覆うなどして雨対策はしたほうがいいですね。

トップページに戻る

ファイルが読み込まれるのに時間がかかります。しばらくお待ちください。